指導主事には,これをきけ

指導主事によるブログ。指導主事の言うことは本当か。自己批判を通して教育を考える。

めあての提示は必要か(2)

指導主事が,指導助言をする際,最も基本となる資料が「学習指導要領」である。

学校は学習指導要領を根拠にして,教育課程を編成し,

教員は,学習指導要領を根拠にして,授業を行う。

したがって,指導主事は,学習指導要領を根拠にして指導・助言する。

 

また,指導主事は,学習指導要領の他,国の公的資料を根拠にして指導助言をする。

これらのことは最低ラインであり,指導主事の指導・助言はこれらの資料を基礎の上で構築されていく。

 

そして,基礎の上に構築された指導・助言も,その根拠を明らかにしなければならない。

その指導助言は,「個人レベルの見解」ではなく,「自治体レベルの見解」でなければならない。

教育委員会の代表だからである。

 

 

さて,「本時のめあてを必ず示さなければならない」という内容は,

学習指導要領に示されているか。

当然ながら,示されていない。

その他,国の公的資料にも,示されていない。

都道府県レベルで示されている公的文書はあるかもしれない。その際は、根拠か示されているかどうかの確認が必要である)

 

次に,指導主事の専門性として,「めあての提示」の指導助言をしているのであれば,その根拠は示されているか。

それは,自治体レベルの見解か。 

これらを,きいてみるといい。

 

指導主事にはこれをきけ。

・・・・・・・

本時のめあてを示すことは,学習指導要領に示されているのでしょうか。

本時のめあては必ず示さなければならないのでしょうか。

その根拠は何でしょうか。

それは,個人の見解でしょうか,それとも,○○市(自治体)の見解でしょうか。

・・・・・・・

 

 

 

学校は,学習指導要領,都道府県の方針,区市町村教育委員会の方針を踏まえ,

学校の教育目標が示され,学校の教育課程が編成される。

 

指導主事の指導助言の責任は重い。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村